寺院が管理をしている霊園のメリット

寺院が管理をしている霊園のメリット


寺院が管理をしている霊園のメリット
寺院の住職の人柄につきましても、長くお付き合いすることが出来るのかを考える必要があります。
メリットとしましてはお墓が境内に設置してあることから、法要を本堂で営むことが出来るということです。

最近におきましては、石のお墓だけではなく、納骨堂も増加してきています。
従来は遺骨を墓地に埋葬するまでの間一時的な保管場所として利用をされてきたのですが、現在におきましてはお墓としての機能もあるのです。多くの場合にお寺の境内に設置されており、その寺院が管理をしている墓地のことを言います。
寺院墓地のお墓をの場合にはお寺の檀家になることが前提となるケースが多いので、必ずそのお寺の住職にお寺の行事やお付き合いの仕方などを確認しておきましょう。 生前にお墓を購入しておき、霊園の利用権利を買っておく人が多く、大きな買い物の一つとして数々の悩みがあります。
ですので霊園を買う前に、最低限知っておきたい霊園についての知識を勉強しておくようにしてください。




寺院が管理をしている霊園のメリットブログ:2018年10月10日

旦那の健康を考えるなら、
奥さんはしっかりと
旦那の午後食代を確保しておくことが大切だと思う。

午後食代が少なければ、
どうしてもジャンクフードに手を出さなければならず、
そうなれば確実に肥満に成って行くし、
後日、深刻な病気になり、病院に入院してしまうようになる…
その方が家計には大打撃なのである。

奥さんとしては
苦しい家計の中から高額な午後食代を捻出するのは大変だが、
かといってこの出費をけちれば、
一家の稼ぎ手が駄目になってしまう…

午後食代は冷静に考えれば僅かな金額なのだが、
この午後食代が深刻な問題になるのは、
娘が1人か2人いる状態の時である。

この時期は家計が最も苦しくなる時期なので、
どうしても奥さんは午後食代をけちろうとしてしまうのである。

そうなると旦那は勤労意欲を失ってしまい、
なかなか出世していってくれなくなり、
逆に家計が苦しいままになってしまうのだ。

家計が苦しいからこそ、
奥さんは弁当を作って午後食代を節約しようとするのだが、
愛妻弁当のために出世の機会を失うこともあるので、
気をつけなければならない。

サラリーマンなら上司や同僚たちと
外食に行くことで午後食を食べながら情報交換を行い、
それによって出世の糸口を掴んでいくことも少なくない。

大事なことは
「お金よりも情報」ということなのだが、
お金を掴んだだけでは成功することはなく、
お金だけでなく情報を掴んだからこそ成功するのである。

奥さんが旦那に弁当を作ることが
必ずしも正しい愛情表現ではないのだ。

奥さんが旦那に弁当を作らず、
きちんと午後食代を渡しすことも、
ちゃんとした愛情表現であるのだ。
寺院が管理をしている霊園のメリット

寺院が管理をしている霊園のメリット

★メニュー

寺院が管理をしている霊園のメリット
霊園にはオプションも用意されている
墓石には文字彫り費用が発生します
霊園の使用規定は必ず厳守
国産の石は品質が良く美しい
年間管理料の未納で使用権が取り消しになることも
オリジナルのお墓も増えてきました
永代使用料の概要とその価格差
交通の便と宗教などが霊園選びのポイント
3つの工事費が必要な建墓の費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)権利の価格を比べて霊園選び