霊園の使用規定は必ず厳守

霊園の使用規定は必ず厳守


霊園の使用規定は必ず厳守
遺骨の制限としましては、多くの墓地におきましては使用者の親族以外で使用をすることが出来なくなっています。
ですので将来的に第三者の遺骨を埋葬を考えている時には、合祀することが可能かどうかを確認しておきましょう。

墓石の指定についてですが民営霊園につきましては墓石を買うこととなる石材店が指定されていることがあります。
そして多くの場合には、使用権を相続人以外の第三者に譲渡させることが規約により制限されていることがあるのでご注意ください。使用者の資格が霊園選びの時に気を付けなければいけないこととなります。
宗派や居住地域に制限が設けてあったり、お墓の継承者がある場合のみに限られてしまうことがありますのでご注意ください。 「自分には霊園なんて関係ない。いつか適当に買えばいいや」なんて間違った考え方をしていたりしませんか?
霊園を適当に買ってしまうと維持費や管理に問題が発生してしまうこともあるので注意が必要なのです。




霊園の使用規定は必ず厳守ブログ:2019年06月10日

減量に成功している人の話を聞くと、ほぼ全員の人が
「自分で決めた方法を毎日淡々とやった」
と言っています。

この「方法」の部分は、千差万別でバラバラです。
ひたすらwiiスポーツをやった人もいれば、
岩盤ヨガをやった人もいるし、
茶碗を小さくしてごはんの量を半分にした人もいれば、
食事前に必ずダイエットシェイク チョコレート味を飲んで痩せた人もいます。

人それぞれ、減量方法は異なるわけですね。
でも、共通しているのは
「選択した方法に疑いをもたず、毎日淡々とやる」
ということです。

ただし、誤解してはいけないのは
「方法に固執はしない」「自分を責めない」
ということです。

ひと月・ふた月と続けてみて
体重が減らなかったり、
続けるのがストレスになってしまったり、
からだに合わないと思ったら、そこでやめて他の方法に切り替えます。

ただ、それは単に「自分に合わなかった」というだけですから
それで「自分は忍耐力が無い」とか自分を責めて、
減量そのものをやめる必要は無いのです。
別の方法を探せばいいだけです。

また、方法を一度決めると
「減量のことは忘れて他のことに気を向ける」
という人の方が、むしろ成功しているように見えます。

ずーっと減量の事ばかり考えていると、
どうしても短期的な成果を求めがち…

短期的には体重なんて増減を繰り返しますから、
それに一喜一憂していては気持ちが持ちません。

だから一度方法を決めたら、
しばらくの間はそれをひたすら淡々とやるだけで、
あとは減量のことなんて忘れてしまう位の人の方が
減量に成功しているようです。


霊園の使用規定は必ず厳守

霊園の使用規定は必ず厳守

★メニュー

寺院が管理をしている霊園のメリット
霊園にはオプションも用意されている
墓石には文字彫り費用が発生します
霊園の使用規定は必ず厳守
国産の石は品質が良く美しい
年間管理料の未納で使用権が取り消しになることも
オリジナルのお墓も増えてきました
永代使用料の概要とその価格差
交通の便と宗教などが霊園選びのポイント
3つの工事費が必要な建墓の費用


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)権利の価格を比べて霊園選び