年間管理料の未納で使用権が取り消しになることも

霊園の管理費と呼ばれているこの管理というのは、通路や駐車場などの霊園の共有部分の維持管理に使用されます。
個別のお墓を清掃してくれるような個人的な管理ではありませんので注意しましょう。

 

管理費というのは地域によりある程度異なっていますが、概ね年間で7,000〜15,000円程度が相場となります。
高級と言われている霊園などにおきましては数十万円などと高額となることも考えられます。霊園を購入した後は、基本は年単位によって定期的に管理料を支払っていくこととなります。
この管理料の未納が続いてしまいますと、永代使用権取り消しとなってしまうこともあるのでご注意ください。 誰でも納得のいく霊園探しをしたいのは当然のことですが、なかなかそれもうまくいかないものです。
そこでまず大切なのは霊園を探すための最低限の知識を勉強して霊園探しをするということなのです。



年間管理料の未納で使用権が取り消しになることもブログ:2018年12月06日

腹筋トレーニングに関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋トレーニングを50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビで減量に成功したタレントが
「連日、腹筋トレーニングを100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

減量に詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
減量効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋トレーニングを100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数のトレーニングは
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
トレーニング学では基本的なことです。

減量では
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
身体のラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数のトレーニングは適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
減量では15〜20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15〜20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15〜20回で行い、
2〜3セット行うのが効果的な
腹周りの筋肉の鍛え方となります。

今日はおしまい!!!